2021年10月11日月曜日

秋も深まり~清里町

秋も深まり、朝晩の気温も低くなってきた清里町。
各地で紅葉が綺麗にみられるシーズンとなって参りました。

夕焼けに染まる斜里岳も紅葉と相まって、燃えるような朱に染まっています。




夕日に染まる時間帯はわずかしかありません。
あっという間に西の地平線へ沈んでいきます。


日没後、夜空へ目を向けてみると、ひときわ輝く星が。
方角的に恐らく木星だと思われます。


寒さが段々と厳しくなってくると、空気が澄んで星空がとても綺麗に見えます。
冬はもうすぐそこです。冬のしばれる寒さの中の天体観測もまた良いですね。

冬も見どころ沢山の知床観光の拠点として、当ホテルに足をお運びくださいませ。





2021年9月22日水曜日

月は出ているか~2021 秋

 9月も半ばを過ぎ、日に日に涼しくなっていく今日この頃。
清里町も朝晩の冷え込みが増し、少しずつ秋が深まっている実感が湧きます。
さて昨日は『中秋の名月』ということで、お家でお月見をされた方も多かった
のではないでしょうか。


天気予報は曇だったので、見れないかなとあきらめていました。
だがしかし。雲の隙間から満月が顔を出しました。



中秋の名月の日が満月と重なるのは、約8年ぶりだそうです。
清里町では快晴とはいきませんでしたが、幻想的な雰囲気のお月見を楽しめたのではないでしょうか。







2021年8月24日火曜日

夏休みの思い出

 お盆が過ぎると、8月上旬の暑さが嘘のように涼しくなってまいりました。
北海道らしく涼しく過ごしやすい気候になっています。
夏休みも終わり、子供達もが元気に学校へ通う姿を目にします。

最近は天気があまり良くなかったので、あまり斜里岳を拝むことができません。

夏休み中に登山をされた方も、多かったでしょう。
しかし、地元の小学校などで毎年行われていた斜里岳登山の行事は
このコロナ禍で中止せざるを得ませんでした。非常に残念です。


夏休みの思い出と言えば、やはりこれ。昆虫採集。

カブトムシやクワガタなど、カッコいい昆虫たちに子供たちは目を輝かします。

6月下旬~8月上旬頃に緑清荘の周りでも、よく見かけるようになります。
久しぶりにカブトムシの雄を捕まえた時は、童心に帰りました。
今はコロナ禍でご旅行は難しい時期かと思いますが、
来年の夏は是非清里町を訪れて頂けると幸いです。



2021年8月9日月曜日

遡上、その2… あとわずか

 以前にもご紹介した『さくらの滝』。
サクラマスの遡上が見られる、清里町で一押しの観光スポットです。
見頃の時期は8月下旬頃までということで、遡上が見られるのもあとわずか。
清里町にお越しの際には、是非ご覧いただきたいスポットです。

前回はジャンプの撮影に失敗しましたが、今回はバッチリその姿をとらえました。
元気にジャンプする姿が、生命の尊さを感じさせます。
天気が良い日は周りの景色も非常に綺麗です。
紅葉のシーズンは遡上が見られなくても、訪れる価値ありです。





7月末から続いていた暑さもようやく落ち着いてきて、過ごしやすくなってまいりました。
是非、清里町まで足をお運びくださいませ。





2021年7月22日木曜日

暑さに負けず… in 清里町

 今日から4連休。今週の北海道は例年になく暑いが続いております。
清里町も例にもれず、30℃を越えてきます。

日差しが強いので、肌がじりじりします。

避暑の為に北海道へいらした方もビックリされていました。


夕方になると、大分涼しくなり過ごしやすなります。
日の入りは大体7:30頃。
夕涼みにはもってこいです。
4連休中も暑い日が続くので、皆様熱中症には十分お気を付けくださいませ。





2021年6月29日火曜日

遡上

清里町の観光名所の一つ。『さくらの滝』
毎年6月上旬から8月下旬まで、サクラマスの遡上が見られます。


 この日はあいにくの気温と天気であまり跳ねている姿は見られ
ませんでした。数分に一度にジャンプが見られる程度でした。

天気が良く、暖かい時はこのようにジャンプしている姿が楽しめます。

気温が2025位、天気が晴れ、午後の時間帯
が活発にジャンプしている所を見られるそうです。

サクラマスの遡上が見られなくても、サクラの滝の景観は素晴らしいので、
是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

さくらの滝までは遠いかなという方は是非こちらに。
緑清荘の近くの緑が丘公園では、かわいい野生動物や野鳥に出会えます。
運が良ければエゾリスにも出会えるかも。
世界自然遺産『知床』へも近く様々な自然と触れ合えるのも、清里町の魅力です。




2021年6月11日金曜日

暖かくなってまいりました。

 先月の寒さが嘘のように、6月は暖かい日が続いています。
いや、むしろ暑いくらいですね。

斜里岳の雪もほぼなくなってきた今日この頃。

登山シーズンの到来ですね。

ちょっと前あたりからですが、最近この子が
緑清荘の周りをうろちょろしております。

少し前の写真なので生え変わり途中ですが、
今は立派な夏毛になっています。

後ろ姿がかわいらしいですね。

エキノコックスがあるので、遠く
から眺めるだけにしましょう。

こちらは先月26日の皆既月食です。まだ部分月食の時間帯です。

油断していたら皆既月食が終わってました。
次にスーパームーンと皆既月食が重なるのは2033年だそうです。
なかなか見られない、現象なのでちょっと残念。


清里町の様々な自然を楽しめる時期になってきました。
斜里岳や知床の野生動物たち、畑に実る様々な農作物、神の子池や斜里川などの自然。
是非清里町に足をお運びください。



2021年5月7日金曜日

サクラサクVer2021~清里町

 ゴールデンウィーク終わり、日常の生活に戻った今日この頃。
寒かった連休中とは打って変わって、暖かい陽気に包まれたおかげで
清里町の桜も満開となりました。

緑清荘のすぐ近くにある緑が丘公園です。

エゾヤマザクラや梅の花が見ごろを迎えています。

桜並木がお楽しみいただけます。


お散歩のコースには最適です。





公園の奥に行くとこうえん橋に差し掛かります。

近くの松の木から松ぼっくりが大量に落ちてきます。
頭上にはご注意ください。

橋の上からは斜里川をご覧いただけます。

コロナ禍になって一年以上たちますが、一向に収まる気配がありません。
皆様感染対策を十分行い、お体にお気をつけてお過ごしくださいませ。






2021年4月28日水曜日

月は出ているか~Ver2021春

日中の気温は10℃を超え、大分春らしくなってきましたが、朝晩の気温はまだまだ
肌寒い今日この頃。
先日4月27日は久しぶりに天気が良く、満月も綺麗に見られました。

四月の満月ピンクムーン。

春に咲くピンク色の花「フロックス」に由来しています。

もう少し灯りの少ない所に行くとさらに綺麗に見えます。


斜里岳も雪解けが進みつつあります。

ゴールデンウイーク中はかなり寒くなり雪予報も出ています。
体調管理には十分お気を付けください。




 

2021年4月15日木曜日

新年度。。~清里町

 春の暖かい日差しが、長い冬の終わりを感じさせます。

3月の終わりころから暖かい日が続き、雪解けも大分進んできました。
雪解けが始まった斜里岳もまた白と緑のコントラストが良い感じに…

と思ったら黄砂の影響でほぼその姿が見えません。

なんだかどんよりしています。

せっかくの夕陽もこの通り。



久しぶりの晴れの日に春を感じさせる斜里岳


春は気温の寒暖差が激しいので皆様体調には十分お気を付けください。



2021年3月13日土曜日

雪解け

 3月に入り、日差しが暖かくなってきた今日この頃。
雪解けも進み、春の気配が近づいてきた気がします。

斜里岳山頂の雪も大分減ってきました。

2月までは順調に育っていた氷筍たちも
今はすっかりいなくなってしまいました。
また来年元気な姿を見せてくれることでしょう。

日網走へ向かう途中、北浜にある濤沸湖水鳥・湿地センターへよってみました。
濤沸湖は2005年にラムサール条約登録湿地となった湖で、オオハクチョウなどの渡り鳥の重要な中継地になっています。


オオワシやオオハクチョウなどの野鳥を間近で見ることが出来ます。
こんなに近くでオオハクチョウを見られる機会はめったにありません。

人に慣れているのか、かなり近い距離で撮影していても全く動じません。
むしろ見てくれと言わんばかりに翼を大きく広げたりしています。





施設のスタッフさんが作ったのでしょうか。
小さな雪だるまがポツンと。
なんだか心がほっこりしますね。






春ですので彼らの旅立ちはもうすぐです。

来年もまたその元気な姿をみせてくれでしょう。

網走方面から清里町に向かう国道244号線沿いに濤沸湖はあります。
野鳥のみならず様々な野生生物が見ることが出来ますので、清里町へお越しの際には
立寄ってみてはいかがでしょうか。



2021年2月12日金曜日

成長

 1月31日にオホーツク沿岸で流氷接岸初日(昨年よりも11日も早い!)を迎え、
ますます冷え込みが増した清里町。春の訪れはまだまだ先になりそうです。
連日マイナス二桁の最低気温が続く中、「氷筍」たちもすくすく成長しています。

1メートルほどの高さまで伸びました。
順調に成長していけば屋根まで届きそうです。

3週間ほど前までは、こんなかわいい感じでした。よくもまぁ立派になったもんです。
このまま寒いが続いて行けば、2月の終わりごろまでには2メートルに届くのではないでしょうか。





こちら側の氷筍も頑張って成長を続けています。
寒さが緩み始める3月中頃までは
順調に育っていくと良いですね。







まだまだ北海道の寒い冬は続きます。
冬の斜里岳の美しい風景と温かい温泉を堪能しにおいで下さい。
2021年2月4日木曜日

立春~2021 北国の春はまだ…

 暦の上では春を迎えた今日この頃。
例年は2月3日が節分、2月4日が立春ですが、今年は124年ぶりに2月2日が節分、2月の4日が
立春となっています。なんだか変な感じがしますね。
ちなみに1984年は節分が2月4日そうです。

ロビーには毎年恒例のお雛様のお目見えです。

今年もロビーが一気に華やかになりました。


今年も美男美女が緑清荘に来た、お客様をお出迎え致します。
例年であれば、海外からのお客様が、記念写真をバシバシ撮っていかれるのですが、今年はコロナ禍の影響で海外の方が全く来られません。




オホーツク海には流氷が接岸しました。昨年よりも2週間ほど早い接岸初日となっています。
立春を迎えましたが、オホーツク地方の冬は厳しさは増すばかりです。皆様体調にはくれぐれもお気を付けください。
2021年1月22日金曜日

今年も育っています。

 今年は寒い日が多く、気温もマイナス10℃を下回る日が続いております。
これだけ寒いと流氷の接岸も早そうです。網走沖に流氷が見える『流氷初日』も
今年は1/17に観測され去年よりも23日も早い流氷初日となりました。

寒い日が続いたせいか、大浴場の周りには今年も元気に育っています。
そうです。氷筍です。
毎年大浴場の換気口の下に現れ、私たちの目を楽しませてくれます。
なんとなく筋肉質な人間みたいな形ですね。
皆さんにはどのように見えるでしょう。

こちらの氷筍は双子ですね。
ここ2,3日、暖かかったので(それでも0度前後)少し丸みを帯びたかわいい形になっています。


北側に面している男性大浴場の方は、氷柱がナイアガラの滝の様のにびっしりと連なっています。
小さい頃は氷柱でチャンバラをよくやりました。
中には2メートルに迫る氷柱もあります。




オホーツク地方は流氷が接岸すると、一段と寒くなってきます。
ここ最近、積雪の少ない年が続いていましたが、今年はこの寒さと相まって積雪の多い年となりそうですね。寒い日の温泉は格別ですので、是非緑清荘に足をお運びください。