2021年1月22日金曜日

今年も育っています。

 今年は寒い日が多く、気温もマイナス10℃を下回る日が続いております。
これだけ寒いと流氷の接岸も早そうです。網走沖に流氷が見える『流氷初日』も
今年は1/17に観測され去年よりも23日も早い流氷初日となりました。

寒い日が続いたせいか、大浴場の周りには今年も元気に育っています。
そうです。氷筍です。
毎年大浴場の換気口の下に現れ、私たちの目を楽しませてくれます。
なんとなく筋肉質な人間みたいな形ですね。
皆さんにはどのように見えるでしょう。

こちらの氷筍は双子ですね。
ここ2,3日、暖かかったので(それでも0度前後)少し丸みを帯びたかわいい形になっています。


北側に面している男性大浴場の方は、氷柱がナイアガラの滝の様のにびっしりと連なっています。
小さい頃は氷柱でチャンバラをよくやりました。
中には2メートルに迫る氷柱もあります。




オホーツク地方は流氷が接岸すると、一段と寒くなってきます。
ここ最近、積雪の少ない年が続いていましたが、今年はこの寒さと相まって積雪の多い年となりそうですね。寒いの温泉は格別ですので、是非緑清荘に足をお運びください。


2021年1月3日日曜日

寒波到来。

 今年は例年になく、寒い日が続いております。
日々の気温は軒並みマイナス10℃を下回り、肌を刺すような寒さとなっています。

気温が低いせいか、非常に透き通るような青空となっています。
ほんの少し外へ出ただけで、まつげが凍りました。

この寒さはしばらく続くようです。また週末には北日本に
爆弾低気圧が通過し、ますます寒さが厳しくなるそうです。

目の前にある町民グラウンドのスケートリンクも今年は年明け前にオープンしました。
道東の冬の風物詩の一つですね。冬休み明けには子供たちが授業でスケートを滑ります。
ちなみに北海道の中でも太平洋側はスケート授業の学校が多く、日本海側ではスキー授業が多いという特徴があります。オホーツク海側はスケート授業が多いです。
北見市の常呂町では授業でカーリングがあったりします。

清里町の町営スケートリンクはどなたでもご利用頂けます。
スケート靴の貸出しはございませんので、スケート靴持参でのご利用になります。
スケートの後には冷えた身体を、温泉で温めて下さい。





2021年1月1日金曜日

新年あけましておめでとうございます。

 今年も2021年がはじまりました。

今年は寒波の為とても冷え込みましたが、天気の良い朝を迎えました。

2021年初日の出は雲が少々お邪魔をしてくれました。


                斜里岳と初日の出


               毎年恒例のみかんです。
             なくなり次第終了致します。

お正月も緑清荘は元気に営業して参ります。
皆様にとって2021年も素晴らしい年になりますように。
お身体には十分お気をつけ下さいませ。
今年も宜しくお願い申し上げます。



2020年12月28日月曜日

今年も残すところ…

 早いもので今年も残すところあと4日。
2020年はコロナに始まりコロナに終わる1年となってしまいました。
まだまだコロナ禍の脅威は去っておりませんんが、来年は良い年になる事を
願っています。

さてそんな中でも彼らはいつも通り、清里町にやってきてくれます。
いつも一線大橋の東側にやってくるオジロワシ。

こちらはオオワシ。橋の西側が縄張りです。

少し前になりますが、白鳥もたくさん飛来してきます。

畑には入ってはいけませんので、ちょっと遠めですが奥にもたくさんの白鳥がいます。
後ろに見える山は藻琴山になります。

今年の年越しは寒波が襲来する見込みで、特に大晦日から元旦にかけては
大荒れとなりそうです。皆様お気をつけてお過ごしくださいませ。



2020年12月9日水曜日

ツリー in 緑清荘 

 クリスマスツリー飾りました。












今年度はコロナ禍の影響もあり、毎年恒例のクリスマスイベントは中止となりました。
皆さんもご家庭でクリスマスを楽しまれることとなると思いますが、ツリーを見て、
少しでもクリスマスの雰囲気を感じて頂ければ幸いです。

フロントにもリースを飾りました。
皆様今年はサンタクロースに何を
お願いするのでしょうか。
やはり一刻も早いコロナ禍の収束
でしょうか。
いつもと違うクリスマスになると
思いますが、楽しめると良いですね。



レストランにも飾りました。







師走の忙しい時期とは存じますが、皆様くれぐれご自愛くださいませ。




2020年11月10日火曜日

冬、到来

 降りました。いきなりの雪景色。
昨日までは全くなかった雪が一夜にして、このありさまです。

夏の観光シーズンは終わりましたが、北海道はやはり冬を楽しんで頂きたい。
清里町でもオオワシやオジロワシなど観察スポットや、神の子池スノーシューツアー等
冬ならではの景色やアクティビティが楽しめます。
知床まで足をのばせば、世界自然遺産を満喫できるアクティビティも充実しています。

冬期間は入場が制限されてしまう知床五湖ですが、ガイドを伴うスノーシューイングで真冬の五湖を楽しめます。夏場とは違った五湖を楽しめるのでお勧めです。
凍った湖の上に乗れるのも厳冬の知床ならではの特権です。



2月にはオホーツク海を流氷が埋め尽くします。流氷の上を歩く「流氷ウォーク」等、知床ならではのアクティビティが体験できます。運が良ければ「流氷の天使」にあえるかも。





こちらは斜里町市街地からウトロ地区に向かう途中にある「オシンコシンの滝」です。
オシンコシンの滝から少し進むと「三段の滝」があります。その他にも「フレぺの滝」や「カムイワッカ湯の滝」等、知床にはたくさんの滝があります。知床の滝を巡る旅も良いかもしれませんね。


清里町は知床・網走・摩周等、道東観光名所の中心に位置しています。
清里町を拠点に冬の道東を満喫して見るのはいかがでしょうか。













2020年10月16日金曜日

秋の斜里岳コレクション~Ver.2020

 10月も半ばになり、朝晩の冷え込みが厳しくなってきた今日この頃。
清里町も紅葉が見頃の季節となりました。

写真ではわかりにくいですが、斜里岳も紅く色づいています。
















緑清荘から見る秋の斜里岳コレクション。一気にいきましょう。

夕暮れの時間帯。
夕陽に照らされた斜里岳。
空一面のうろこ雲と斜里岳。
月と斜里岳。
鉄板です。









天頂の太陽と斜里岳。
















今年の中秋の名月は10月1日でした。
さらに今月は満月を2回見ることが出来る
とのこと。10月2日と10月31日で、2回目の満月をブルームーンと言うそうです。
ちなみに10月の満月ことをハンターズムーンと言います。
昨年のこの時期は既に斜里岳の山頂に雪が降っていたのですが、今年はまだの様です。
斜里岳に雪が降り始めると、冬はあっという間にやってきます。
短い秋の景色と温泉をお楽しみください。